売り上げを向上させたいと願う企業

広告も販売促進活動も積極的に行っているのになかなか売り上げが伸びないという企業、店舗なども多いです。何が足りないのか模索してみてもその何かが見つけられないという時、マーケティングオートメーションが活躍します。

例えばマーケティングオートメーションの分析機能で、これまで集めた顧客データの中で顧客が興味を持っていること、関心ある事を分析することで顧客の客層を分割し、販売促進業務に活かすことができます。

ここで得たデータから、サービスや商品等に興味がある顧客に対し、マーケティングオートメーションの機能によってメールの自動配信を行います。その後、このメールによって顧客が購買行動に出た場合、どのようにしてどこから購入に至ったのか、パソコンなのかスマートフォンからなのか、こうしたことも自動的に記録し次の分析に活かすことができます。

こうしたデータ収集、分析によって顧客の絞り込みができ、その結果を活かして効率よく広告を打ったり販売促進活動を行う事が出来ます。人を使ってこのような作業を行うためには膨大な時間と人に対するコストがかかりますが、マーケティングオートメーションで分析のコストを削減できます。