売り上げを向上させたいと願う企業

広告も販売促進活動も積極的に行っているのになかなか売り上げが伸びないという企業、店舗なども多いです。何が足りないのか模索してみてもその何かが見つけられないという時、マーケティングオートメーションが活躍します。

例えばマーケティングオートメーションの分析機能で、これまで集めた顧客データの中で顧客が興味を持っていること、関心ある事を分析することで顧客の客層を分割し、販売促進業務に活かすことができます。

ここで得たデータから、サービスや商品等に興味がある顧客に対し、マーケティングオートメーションの機能によってメールの自動配信を行います。その後、このメールによって顧客が購買行動に出た場合、どのようにしてどこから購入に至ったのか、パソコンなのかスマートフォンからなのか、こうしたことも自動的に記録し次の分析に活かすことができます。

こうしたデータ収集、分析によって顧客の絞り込みができ、その結果を活かして効率よく広告を打ったり販売促進活動を行う事が出来ます。人を使ってこのような作業を行うためには膨大な時間と人に対するコストがかかりますが、マーケティングオートメーションで分析のコストを削減できます。

人件費を少なくしたいと考える企業に最適

人件費のコストをなるべくかけたくないという事業主さんにもマーケティングオートメーションが選ばれています。個人事業などの場合、人ひとり雇用するコストをかけることができないという事も多いのです。メールなどで会社の情報やサービスなどを広告したいと思っても、その業務に一人の人材を雇用する事が難しいという事もあります。人ひとり雇用するだけでも、年間数百万の費用がかかるのですからそのコストは大きなものです。

そこでマーケティングオートメーションが注目されます。マーケティングオートメーションなら大勢の顧客に対し最適な商法を的確に、スピーディーに伝えることができます。またメールを配信する相手を選ぶ際、サイトを訪れてくれる人たちの年齢や利用目的、どこからサイトを利用しているかなどの情報を、マーケティングオートメーションで自動化できるサイト解析などから得ることができます。

欲しい情報を集めるという事も、人を使わず出来るため、人件費になるべくコストを掛けたくないという事業主、企業の利用が多くなっています。個人で起業する方が多くなっている現代、個人事業主やSOHOで活動される方にとっても、マーケティングオートメーションは最適な機能を持っているといえるのです。

人的ミス・エラーが多い企業に最適

仕事を行っていく上で人為的ミスはどうしても起こるものです。どんなに注意し、企業の業務をマニュアル化しても、人が行う作業には必ずミスやエラーがつきものです。完璧に100%業務をこなせるという人はいません。そこで、人為的ミスやエラーが致命的となる企業はマーケティングオートメーションの機能が利用されています。

マーケティングオートメーションでは業務の一部を自動化します。このことによって今まで見られたエラーやミスを少なくすることができます。エラーが少なくなればデータを収集する必要がある場合も正確なデータが集められます。ミスによってやり直しが多かった業務に関してもマーケティングオートメーションによってミスをなくすことが出来れば、やり直しの時間を作る事もなく円滑な業務を遂行できるのです。

人の手がどうしても必要なことがありますが、自動化できる部分を適切に自動化する事で人の手が必要ない部分も出てきて、その他の業務にその時間と人手を活かすこともできますし、これから起業するという場合にも、この機能を利用する事で人的コストを削減できます。人為的なミス、さらにエラーなどを少なくしたいと考える企業にとって、企業運営に最適な機能となるのがマーケティングオートメーションなのです。

マーケティングオートメーションとは何か

最近多くの企業が注目する行動の一つに、マーケティングオートメーションがあります。マーケティングオートメーションというのは、マーケティングの行動の中で各プロセスに必要な対応を自動化する仕組みを指します。この言葉は米国系企業が利用し始めた言葉ですが、日本でも様々な企業が注目しこの仕組みを取りいれるようになってきています。

メール、SNS、WEBなどを利用し自動化する事で企業の業務活動、戦略を効率よくしていくという事で作られたソフトがマーケティングオートメーションですが、MA(Marketing Automation)ともいわれます。

以前はこうしたマーケティングオートメーションのソフトをインストールし自社の活動に利用するというやり方でしたが、最近はクラウド型を選ぶ企業が多く、現在はマーケティングオートメーションを利用する多くの企業がクラウド型を利用しています。

この機能はメールの自動配信、公式サイトでの登録フォーム、さらにはマーケティングの分析、WEB解析など非常に多種多様な機能があり、企業の業務に貢献しています。マーケティングオートメーションが登場する前は、メール、登録フォーム、解析や分析の機能などがそれぞれ個別に利用されていたのですが、それが一つのツールとして利用できるようになりました。

多くの企業が導入しているマーケティングオートメーションですが、利用する企業等にどのような特徴があるか当サイトで調べました。これからこの機能を企業活動に活かしていきたいと考えている方へよい情報となれば幸いです。